Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
高村光太郎・智恵子の像
0


    ■千鳥と遊ぶ像高村光太郎・智恵子
            
                                                           
     詩人で彫刻家の高村光太郎の妻、智恵子は昭和9年(1934年)5月〜12月に九十九里浜海岸の真亀で療養しました。光太郎は毎週欠かさずに東京から訪ねてきて、智恵子を見舞いました。

     国民宿舎サンライズ九十九里の2階には光太郎と智恵子の像と碑文のミニチュアが飾られています。(像は上写真、碑文の内容は下記に)

     なおオリジナルは、東金九十九里有料道路今泉駐車場にあります。
     

     


     
                                                                     
          讃(たたえる)・千鳥と遊ぶ
                                                                                                                                                             
     ここは九十九里町真亀。太平洋の荒波が砕ける九十九里の浜は目の前である。海原はあくまで青く、寄せる白波は帯のよう。弓なりに伸びる白砂も海も、果てしなく続く。
     
     
                                                             

     真亀納屋の松林の一角に、田村別荘の名乗りがある。高村光太郎の妻智恵子が、昭和9年(1934)の初夏から7ヶ月ほど、療養の日々を過ごしたところ。「智恵子抄」の舞台にもなった。
     
     
                                                                                                                                                              光太郎は詩人であり彫刻家。智恵子もまた芸術をめざし励んでいた。だが、病める智恵子に、海の色も、空の色も、その風景すら映らない。ひたすら砂浜をさまよい、渚に遊ぶ千鳥を無心に追っていた。自然に帰ってしまったのだろうか。見守る光太郎の思いは「千鳥と遊ぶ智恵子」に語り尽されている。
     
     
                                                          
     「千鳥と遊ぶ」の像は、この二人をモチーフに刻まれた。制作は日展作家の久保田俶通(よしみち)氏。千葉県道路公団が東金九十九里有料道路の開通を記念して作ったモニュメントである。天空に向かって立つ二人の像は、時を越え愛の言葉を私たちに語りかける。




                                                                           
     この国民宿舎の外観は上写真の通りです。
     

       千鳥と遊ぶ智恵子 

    人つ子ひとり居ない九十九里の砂浜の
    砂にすわつて智恵子は遊ぶ。
    無数の友だちが智恵子の名をよぶ。
    ちい、ちい、ちい、ちい、ちい――
    砂に小さな趾(あし)あとをつけて
    千鳥が智恵子に寄つて来る。
    口の中でいつでも何か言つてる智恵子が
    両手をあげてよびかへす。
    ちい、ちい、ちい――
    両手の貝を千鳥がねだる。
    智恵子はそれをぱらぱら投げる。
    群れ立つ千鳥が智恵子をよぶ。
    ちい、ちい、ちい、ちい、ちい――
    人間商売さらりとやめて、
    もう天然の向うへ行つてしまつた智恵子の
    うしろ姿がぽつんと見える。
    二丁も離れた防風林の夕日の中で
    松の花粉をあびながら私はいつまでも立ち尽す。


    「ちい×5」が千鳥の声、「ちい×3」が智恵子の声なのがポイントとのこと。

    国民宿舎サンライズ九十九里の裏手の田村別荘跡に智恵子抄詩碑があるそうです。

        うめお



     

    posted by: うめお | うめお | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://nejibanablog.oyakobato.net/trackback/104
    トラックバック