Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
那古寺(なごじ)
0
     那古観音1
     
     那古寺(なごじ)
     
     補陀落山(ふだらくさん)那古寺(真言宗)は、坂東三十三所の巡礼の札納めの寺(結願所 けちがんじょ)であり、また安房国三十三箇所の出発寺とされています。
     
     寺伝によれば、養老年間(717〜724、だいたい奈良時代の初期)、行基が那古の海から霊木を得て、千手観音を刻み、開祖したといいます。
                 

    那古観音2

     本尊はクスノキ材一本造りの千住観音立像で、頭と体の全部は藤原期の様相を伝えています。また銅造千住観音立像(国重要文化財)は鎌倉前期の作と推定され、写実的でひきしまった表情の秀作とされています。

     さらに鎌倉期の作品と思われる木造阿弥陀如来坐像や1761(宝暦11年、9代将軍・家重の時代)年建立の多宝塔および観音堂、しゅう字法華経普門品(ふもんぼん)、絹本着色の僧形八幡神像(いずれも県有形)などの文化財があります。


    那古観音3

     千手観音で思い出したことがあります。業界紙の記者時代、ある宴会に招かれた時のこと。ゲストに紙きりの師匠(だと思います)が招かれました。「お題を頂ければ嬉しいのですが」と私が指名されました。私は「千手観音」とのお題をとっさに思い付き、答えました。限られた時間の中で、千本もの手をどうやって切るのか? 我ながらいいお題だ、と思いました。

     「はい、出来上がりです」 見てみると、「北千住駅の改札口で、観音様が駅員になり切符を切っているところ。名付けて千住観音」とか。
    脱帽しました。           うめお


    那古観音4
    posted by: うめお | うめお | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://nejibanablog.oyakobato.net/trackback/107
    トラックバック