Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
長狭七福神(その5) 長安寺
0
    長狭七福神(その5) 長安寺

     曹洞宗長安寺は、千葉県鴨川市宮山にある寺。永正2年 (1505年)に英祜(えいこ)が開創された名刹です。(英祜が生まれたのは室町時代であり、足利義政によって銀閣寺が出来上がったのは、諸国行脚中の22歳のころです。

     永正2年乙丑(1505年)年、たまたま、房州の君主 里見義弘が長安寺を開創し、英祜を拝請して開山。その翌年正木大膳時茂の帰依を受け数年ならずして大伽藍が完成したといいます。

     でも里見義弘の誕生は大永五年(1525年)であるのでそのころはまだ義弘は生まれていません。一説には里見義通の時代に正木時茂の父・正木時綱が英祜を拝請し、時茂の時代で伽藍が完成したと考えた方が自然です。





    小多喜正木氏の活躍

     房総正木氏は、安房に土着した三浦氏の支族と理解されています。平安時代末から安房へ進出した三浦氏は、東京湾の海上交通への影響力保持をめざしていました。

     正木氏は館山平野の正木郷を名字の地としていると考えられ、当初は安房国衙(こくが)付近に勢力を持ったと考えられます。戦国時代の正木氏は長狭郡から朝夷郡にかけてを支配領域にするとともに、里見氏のもとで国衙奉行人という役割を与えられて、安房国ナンバー2の実力をつけていました。

     その人物が16世紀初頭に活躍した正木通綱です。通綱は当主里見義豊の叔父里見実堯とともに、水軍を管轄して内房で勢力を拡大していたため、これを危険視した義豊によって里見氏の本城である稲村城で里見実堯とともに殺害され(天文2年=1533年)、天文の内乱のきっかけとなりました。

     内乱のなかで通綱の子正木時茂・時忠兄弟は実堯の子里見義堯とともに義豊を討ち、義堯が里見家の当主となり、時茂兄弟が義堯を支える体制がつくられました。天文10年代に正木兄弟は東上総の武田氏領へ進出し、弟時忠は勝浦を、兄時茂は小田喜を拠点に夷隅郡のほぼ全域を支配領域に加えました。

     小田喜へ進出した正木氏にとって長狭は由緒ある地として意識され、とくに長狭平野の中央部には通綱が居城にしていた山之城があります。その麓には時茂の菩提寺長安寺や憲時の菩提寺道種院などが建立されており、いづれも小田喜正木氏ゆかりの寺院です。小田喜城に居城しながらも長狭に菩提寺を建立するところに長狭と正木氏との関係の深さがうかがえます。

     


     小田喜に進出した正木時茂は大膳亮と称して里見義堯とともに小田原北条氏との対立を繰り返し、その武勇は「槍の大膳」と称えられるほどでした。時茂の名声は遠く越前にまで聞こえ、朝倉宗滴は「人つかいの上手よき手本」と讃えています。永禄4(1561)年に没すると子の信茂が継ぎましたが、永禄7年の国府台合戦で信茂は討ち死にし、弟憲時が相続しました。

     憲時も大膳亮と称し近接する万木城(いすみ市)の土岐氏との攻防を繰り返しながら、里見義弘に属して活躍しました。しかし里見義堯・義弘父子が相次いで没した天正2(1574)年・6年頃を境に、里見家と距離を持つようになり、義弘の子義頼と梅王丸が相続を争った天正8年の内乱をきっかけに、梅王丸を破って家督を継いだ里見義頼と対立しました。長狭・夷隅を義頼に攻略されて小田喜城に籠った憲時は、翌(1581)年小田喜城で家臣に殺害されてしまいます。

     これによって正木氏領であった夷隅・長狭・朝夷は里見義頼が直接支配する領域となりましたが、長年の正木氏との関係をもっていた地域を安定的に支配するには正木氏の名跡が必要でした。正木時茂の娘を室にしていた義頼は、二男別当丸を小田喜正木家の養子に入れて血筋をつなぐことで、房総半島での里見氏の影響力を大きくすることに成功しました。この別当丸が二代目大膳亮時茂となります。

     天正18(1590)年に里見家は豊臣秀吉の小田原征伐に参加しましたが、惣無事令違犯の罪に問われて上総の領地を失ってしまいました。上総の里見家家臣は上総に残るか安房へ移住するかの選択を迫られましたが、二代目時茂は里見家一門として安房館山へ転居、八千石の村々を知行する里見家最大の家臣となりました。義康・忠義と若い当主が里見家を継ぐなか、義康の母であり忠義の祖母である初代正木時茂の娘がご隠居様として力を持ち、里見家を支えるようになりました。二代目時茂も忠義を支えていたが、慶長19(1614)年9月に里見忠義が倉吉へ減封国替えの命をうけると、時茂も重臣として同様の処罰を受けました。倉吉の忠義を監視していた鳥取藩池田家にお預けの身となり、忠義の身代わりのように罪人として寛永七(1630)年に没ました。池田家ではたいそう丁重に扱われたと伝えられています。


    毘沙門天 
     この寺の神様は毘沙門天。「財宝を守護し、国土守護をするインドの神様」とのこと。

    毘沙門天はその中の北方を守る神で仏法を聴聞することから「多聞天」とも呼ばれています。貧乏神も追い払えるような強い神様・毘沙門天にあやかって裕福に なりたいものですね。

     京都の都七福神では【東寺】が毘沙門天を祀っています。
     京都のシンボル・五重塔はこの東寺さんのもの。国家鎮護のために弘法大師が平安時代に建てたお寺です。 この寺の兜跋毘沙門天(国宝)は、高さ約百九十センチ。スマートでスタイル抜群!左に宝塔、右に錫杖を持ち厳めしさを醸し出しています。菅原道真公も信仰 したことから、学業成就の御利益もあるそうです。日本では、聖徳太子が四天王を祀ったのが始まりです。
    毎月二十一日には沢山の露店が軒を連ねる市がたち、京都の人々から「弘法さん」として親しまれています。
     
                                  うめお






     
    posted by: うめお | うめお | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://nejibanablog.oyakobato.net/trackback/115
    トラックバック