Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
命燃ゆ
0
    お万さまの出自

     水戸黄門のお祖母さん、徳川家康の側室、養珠院・お万の一生を描いた「命燃ゆ/養珠院お万と家康公」という小説を読みました。作者は安藤三佐夫という人。読みやすく面白い本です。

     この本や勝浦に伝わる伝説では、断崖絶壁に立つ勝浦城に敵の軍勢が攻めて来たので、幼いお万と母は崖から布をたらし、それにつかまって海に降り、舟で伊豆まで逃げたとか。




     でもパソコンのウィキぺディアによると、当初はお万の実父である正木頼忠は小田原に人質になっていましたが、万が生まれると、急死した実の兄(正木時通)の後を継ぐため勝浦に戻ったということ。
    万の生母は再婚し、万はこの義父の元で育てられたとか。
    だからウィキぺディアの説によると、万は勝浦には行っていないということになります。

     かといって、この説をまるっきり信用するとういうのも、パソコン情報を鵜呑みにするようで、気が引けますが。

     勝浦市の旧中村病院の院長夫人が次のように考察しています。
    「頼忠が人質を許されて、小田原から勝浦に帰ったのが天正3年であり、2年を経て天正5年に万は勝浦城で誕生しました。
    天正18年に勝浦城は落ち、頼忠はやむなく妻を離別して、妻と娘の万を伊豆(加殿という場所は修善寺駅付近)に送りました」

    本当かどうかは誰もわからないのだから、「地元びいき」で一応上の文章が正しいということにして、手を打って貰いましょう。


    お万の布さらし

     お万は勝浦城育ちということで納得してもらうとして、肝心のお万の布さらしについては、天正18年、お万14歳の時、勝浦城が落ちた時に起こったという説がお万の方の銅像前の説明板には載っています。この年は北条氏が滅亡した年です。この銅像は、実は旧中村病院の院長夫人の建てたものだそうで。へぇ〜、ですね。

     一方、「命燃ゆ」には4歳のお万が天正8年(1580年、この年信長は朝廷に働きかけてもらって本願寺と講和した年)に布をさらして海上に逃れた、とあります。大多喜城で正木憲時の内乱が起き、早くしないと、勝浦城にも押し寄せる恐れがあるというので、女たちが先に逃げることになった、と。

     ‥契18年・お万14歳の時か、天正8年・お万4歳の時か、そんなこと一切なかったのか。いったいどれなのでしょうか?
    さっぱりわかりません。

    うめお





     
    posted by: うめお | うめお | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://nejibanablog.oyakobato.net/trackback/116
    トラックバック