Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ツバキ
0

          春をつげるうれしい花 ツバキ

      ツバキ

     「春をつげるうれしい花」というタイトルで、ツバキの絵を描いて送ってくれた東京・江戸川区のMさん。まさしくツバキらしい絵ですね。私(うめお)は花のことはまるっきりわからなくって「春をつげる花」というとウメを連想していました。ツバキはもっと遅いのかと思っていたら、ウメと同じ時期なんですね。

     さて、ツバキというと連想するのは、「アンコ椿は恋の花」の歌(都はるみ)。「♪三日おくれの便りをのせて 船が行く行くハブ港 いくら好きでもあなたは遠い」。

     この歌2番の歌詞がいいんです。「♪三原山から吹き出す煙 北へなびけば思い出す 惚れちゃならない都の人に よせる思いが灯と燃えて」。

     伊豆大島に住む娘の「片思いの歌」ですね。何だか可愛そうになってしまいます。

           近所のつばき
                     上写真 近所のツバキ

     「あんこつばき」のアンコって、どういう意味だろうと思い、ホームページで調べてみたら、次のことがわかりました。

     アンコ椿の”アンコ”とは、伊豆大島の女の人に対する敬称らしいです。古くからの島で働く年上の女の人に対する敬称で“姉っこ”から変化したものと聴きます。 椿の花とともに伊豆大島のアンコ人形が知られています。
     
     「アンコつばき」っていう品種があるわけじゃないんですね。

                                     うめお



    posted by: うめお | うめお | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://nejibanablog.oyakobato.net/trackback/63
    トラックバック