Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
金毛窟
0
     金毛窟

    金毛窟
             上写真 大高寺(いすみ市能実)にある金毛窟

     夢窓国師は元亨三年(1323)から二年間、上総千町庄の退耕庵で修行しました。現在、県道と広域農道との交差点近くの用水路前に、退耕庵の跡である曹洞宗大高寺があります。如意輪観音が本尊です。裏山に間口2メートルほどの洞窟がありますが、ここが夢想国師が2年半座禅修行したところといいます。正面の岩面に、国師自身が書いたと伝えられている「金毛窟」3文字が彫られています。

     なおこの寺の地名・能実(のうじつ)は「能く実る土地」の意で、夢窓による命名です。
      
     夢窓は後に京都に移りました。後醍醐天皇の勧めで南禅寺に住み、さらに天皇の死後、冥福を祈るため足利尊氏に天竜寺の建立を薦め、実現しました。

                                          うめお
      
    posted by: うめお | うめお | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://nejibanablog.oyakobato.net/trackback/66
    トラックバック