Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
長狭七福神(その2) 寿老人
0
    長狭七福神(その2) 寿老人

     真福寺は、長狭七福神のひとつ寿老人をまつってあります。頭の長いお坊さんです。「中国の長寿の神様」とのことです。
       小柄な老人で、杖を持ち、鹿を連れた姿が多いですが、この鹿の肉を食べた者は長生きができたといわれています。独立して信仰されるより、七福神の一人として信仰されることが多いようです。






       七福神発祥の地・京都では、寿老人は革堂・行願寺にあたるそうです。この革堂は三十三観音のひとつ。京都で私もお参りしたことがあります。

    『たちこもの抄』

      なお、真福寺には次のような万葉歌碑があります。この辺の長狭地方に住んでいた人が作った防人(さきもり=兵役の任務)の歌だそうです。


    4354        立ち鴨(こも)の発(た)ちの騒きに相見てし妹(いも)が心は忘れせぬかも(巻20)

    (鴨の群れが立ち騒ぐそのあわただしいさまのように)、

    防人に召集されて戦地へ赴く出発の騒ぎの中で、
    愛するあの娘が、打ち明けてくれたその真心を
    私は決して忘れることなんてできやしない。
    必ず生きて帰って来よう、
    あの娘に再び逢うために。


     右の一首、長狭(ながさ)の郡(こほり)の上丁(かみつよほろ)丈部(はせつかべ)の与呂(よろ)麻呂(まろ)




    上写真の碑は、『たちこもの抄』で、碑文は以下のとおりです。


    たちこもの碑

     このさきもりの歌は天平勝宝七年二月九日(755年)朝廷に奉り、万葉集巻第二十に取戴されたもので、妹(いも。妻。いとしい人)との別離の哀愁を詠んだものです。長狭郡(ながさのこおり)は鴨川市とその周辺の呼称です。
     上丁(かみつよほろ)は兵士の階級です。丈部(はせつかべ)は馳せ使いの部民のことで、郷の名です。当地大幡と隣接の旧大山村の地域といわれ、この地、大幡小字作掛は古く作壁と書き、地元では夙に、さっかべと言い慣れて、はせつかべの転訛したもの、と伝承されています。
     防人(さきもり)はこの地より遠く難波を経、瀬戸海を筑紫に赴いて、三年の間北九州防衛の任に当たったのです。その苦労を偲んで、古代の人の心に触れたいものです。


     ということです。防人についてもっと詳しく言えば、「日本古代の兵役の一つ。〈さきもり〉は崎守の意。律令制では21〜60歳の男子は3年間の防人の軍役につく義務があった。ただし,実際には,防人の軍役は東海道,東山道地域の人々に限られていた。
     《万葉集》の防人歌は東国防人たちの歌であり,作者注記に国造丁,助丁,主帳丁,火長,丁などの言葉がみられることから,東国防人は旧国造(くにのみやつこ)軍の遺制を継承したものではないかと推測されている。防人の総数は約3000,その大半は筑紫地域,大宰府,壱岐,対馬に配置され,筑紫地域の内外の軍事情勢に活用された」とのこと。

     
    白村江での敗戦(663年)以後整備され,諸国の兵士が3年交代で任に当たりましたが,730年(聖武天皇の治世)から東国兵士に限ったとのこと。その後数度の改廃を経ましたが,900年代の初頭には有名無実となったそうです。この歌の記録にある755年といえば、聖武天皇の娘・孝謙天皇の治世です。防人の任が東国武士に限られるようになって、だいぶ経(た)っていますね。防人って西国の人のことかと思っていたら、東国、つまりこの辺の人のことだったんですね。知りませんでした。

    うめ
    posted by: うめお | うめお | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://nejibanablog.oyakobato.net/trackback/90
    トラックバック