Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
臨海荘 黒汐資料館
0
    臨海荘 黒汐資料館

    写真1
                  写真1

     駅から国道を南にしばらく行くと、旅館臨海荘の裏手に私設の黒汐資料館があります。
    主な展示物としては、次のようなものがあります。

     1捕鯨関係 ノルウェー式捕鯨砲や明治初期に日本に輸入され、明治初期に日本に輸入され外房の捕鯨に使用されたというグリナー砲などが展示されています。
     2和船関係 和船の変遷がわかるように、五大力船や巾着船・地引船などの精巧な模型が時代順に並べてあります。
     3道具類 船大工道具やイワシ・サバ漁などに使用された諸道具、干し鰯枡(かます)などがあります。

     4民族資料 船霊(ふなだま=船の守護神 )や万祝(まいわい=漁師の晴れ着として作られてきた和服の一種)・絵馬・民具などが展示されています。

    写真2
                  写真2

    日本漁民の息吹を伝える収集品
     パンフレットでは次のように伝えています。
    「今から30年ほど前までは、漁村では木造の船を櫓であやつり、漁に出ていました。そのころは魚もたくさんいていなくても、漁ができました。今では日本は豊かになり、大型漁船で沖に出て漁をしますが、魚は捕れなくなりました。漁民もどんどん減って、若い人は都会に出て行きます」

     

    写真3
                  写真3

     さらにパンフレットは文を続けます。
    「先代の館長は、漁村の生活が大きく変わって、古いものがどんどん新しいものに換えられるのを見て、捨てられていくものを保存すべきだとして、半生かけていろいろなものを集めました。この資料館は漁村で捨てられ、省みられなくなったものを収集したものです。黒潮とともに生きたすなどりびとの息吹に触れて下さい。
                                     二代目館長 矢代嘉衛門 
         
                            例え明日地球が亡びようとも
                  林檎の苗を植えようよ   

     
        
    写真4
                 写真4

     3千点を収集 

     資料館はJR勝浦駅から徒歩8分、国道128号線沿いにあります。そこには初代館長である矢代嘉春さんが半生をかけて収集した約3千点を展示しています。

     

    写真5
                  写真5

     現在の資料館は、嘉春さんが亡くなった後、資料整理のため建てられたもの。それまでは併設する旅館臨海荘の随所に展示されていたそうです。

     

    写真6
                   写真6
     
     嘉春さんのライフワークは捕鯨だったそうです。捕鯨基地は、江戸時代には全国で30ヵ所ありましたが、今は南房総市(旧和田町)の和田漁港と北海道網走、宮城県鮎川、和歌山県太地の4ヵ所だけになりました。



    写真7
                写真7

    「按鯤譚(あんこんたん)」つり人社刊
    「黒汐反流奇譚」 新人物往来社刊
    「日本捕鯨文化史」新人物往来社刊


     矢代痩魚(そうぎょ)本名・嘉春。明治45年3月15日千葉県勝浦市に生まれる。早大機械科水力実験室に学ぶ。昭和18年財団法人三誓漁民会設立。このころより、民俗学、漁業史等の研究に専念。戦後、遠洋漁業及びタンカーを経営。以後NHK水産番組委員(昭和27~43年)、千葉県産業文化関係委員などを歴任したほか、黒汐資料館、痩魚洞文庫、館報「くろしお文化」を主宰。かたわら、黒汐の宿「臨海荘」を経営。昭和58年9月2日没
       (本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)







     
    posted by: うめお | うめお | 17:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://nejibanablog.oyakobato.net/trackback/99
    トラックバック